農作物病害虫データベース

えそモザイク病(花/トルコギキョウ)

えそモザイク病

病徴と診断

定植後から発生が認められる。上位葉の葉柄基部から白色のえそ条斑を生じ、生長点はしおれる。発病すると生育が停止したり、株全体が淡色化して徒長する場合もある。また、奇形を生じたり、株全体が萎縮したりする。このような株の花では斑入りも観察される。

発病条件

本病の病原ウイルスとして、キュウリモザイクウイルス(CMV)の普通系統が報告されている。しかし、実際関与するウイルスを分離するとソラマメウイルトウイルス(BBWV)の感染も確認される場合がある。このことから、本病はCMV単独またはBBWVと混合感染することによって起きると考えられる。両ウイルスともアブラムシにより虫媒伝染されるが、腋芽かきやハサミの使用等の農作業によっても伝染されると考えられる。

防除方法

1.媒介虫であるアブラムシは絶えずハウス周辺から飛び込んでくるので、ハウスの戸窓を寒冷しゃ等で覆う。
2.病状の激しい発病株は惜しまず抜き取る。
3.アブラムシの防除を定期的に行う。

農業関係試験場について

長野県農業関係試験場は、県内6つの試験場を中心に農業・水産業の課題解決のための試験研究を行っています。

  • 農業試験場
  • 果樹試験場
  • 野菜花き試験場
  • 畜産試験場
  • 南信農業試験場
  • 水産試験場
  • 病害虫図鑑
  • 研究課題の募集
  • 視察研修の受け入れについて
  • 研究成果
Copyright © Nagano Prefecture. All rights reserved.