農作物病害虫データベース

モザイク病(花/スターチス)

モザイク病

病徴と診断

茎葉にモザイクを生じる。生育が悪くなり、奇形を伴うこともある。また、株全体の緑色が淡くなって、花茎が十分伸びず、ポリューム不足で商品価値が低下する。

発病条件

本病に関与するウイルスは3種類報告されているが、病徴から種類を判別することは困難である。また、どのウイルスの発生が多いかなどは不明で、今後検討する必要がある。いずれのウイルスもアブラムシにより伝搬されるが、ハサミの使用によっても伝染する可能性がある。

防除方法

1.トルコギキョウに準ずる。

農業関係試験場について

長野県農業関係試験場は、県内6つの試験場を中心に農業・水産業の課題解決のための試験研究を行っています。

  • 農業試験場
  • 果樹試験場
  • 野菜花き試験場
  • 畜産試験場
  • 南信農業試験場
  • 水産試験場
  • 病害虫図鑑
  • 研究課題の募集
  • 視察研修の受け入れについて
  • 研究成果
Copyright © Nagano Prefecture. All rights reserved.