農作物病害虫データベース

炭そ病(花/スターチス)

炭そ病

病徴と診断

初めは葉に発生し、褐色の小斑点を生じる。病斑はやがて拡大し、直径5~ 8 mmの円形または不正楕円形となる。大型病斑は輪紋状となり、病斑上にはやがて小黒粒点(病原菌の分生胞子及び分生子層)を生じる。
この頃になると茎や花梗部にも発病が認められるようになる。病徴は葉とほぼ同じで、色は褐色~黒色を呈する。

発病条件

病原菌は果樹類の炭そ病菌と同じである。病原菌の胞子は水滴により飛散するので、雨よけや施設栽培にすると発生は少なくなるが、シャワー等で植物体の上から潅水するような場合に発生する。また、花梗部の強度を増すために屋根のビニールを取ったりする栽培法で多発することがある。

防除方法

1.果樹園が隣接している場合には、そちらの発生にも注意する。
2.潅水はうね間潅水が望ましい。
3.多発地では通年雨よけとし、降雨に植物体を当てない。
4.ほ場の風通しを良くし、過湿にならないようにする。
5.激しく発病した葉は摘葉し、被害残渣はほ場内に残さないで、できるだけ集めて焼却する。

農業関係試験場について

長野県農業関係試験場は、県内6つの試験場を中心に農業・水産業の課題解決のための試験研究を行っています。

  • 農業試験場
  • 果樹試験場
  • 野菜花き試験場
  • 畜産試験場
  • 南信農業試験場
  • 水産試験場
  • 病害虫図鑑
  • 研究課題の募集
  • 視察研修の受け入れについて
  • 研究成果
Copyright © Nagano Prefecture. All rights reserved.