農作物病害虫データベース

根頭がんしゅ病(花/バラ)

根頭がんしゅ病

病徴と診断

根や地ぎわの茎が侵され、淡褐色~黒褐色のこぶができる。こぶが肥大するとともに生育が悪くなり、葉は黄化して落葉する。着花も悪くなり、ひどいときは株が枯死する。

発病条件

細菌による病害である。病原細菌は被害組織内で越冬し、土壌中に生存していて根や茎の傷日から侵入する。生育適温は25~ 30℃ で、土壌湿度が高かったり、排水が不良であると発生が多くなる。

防除方法

1.植えつけ前に必要があれば蒸気消毒を行う。
2.無病苗を選んで植えつける。病株は抜き取り、処分する。

農業関係試験場について

長野県農業関係試験場は、県内6つの試験場を中心に農業・水産業の課題解決のための試験研究を行っています。

  • 農業試験場
  • 果樹試験場
  • 野菜花き試験場
  • 畜産試験場
  • 南信農業試験場
  • 水産試験場
  • 病害虫図鑑
  • 研究課題の募集
  • 視察研修の受け入れについて
  • 研究成果
Copyright © Nagano Prefecture. All rights reserved.