農作物病害虫データベース

立枯病(テイクオールパッチ)(芝/セイヨウシバ)

立枯病(テイクオールパッチ)

欧米では洋芝の代表的な病害であるが、本邦のゴルフ場ベントグラスでの発生が報告されたのは1993年と新しい病害のひとつである。1992年以降、全国のゴルフ場で発生が認められ、薬剤防除効果が低いため、その被害も大きく問題となっている。本県でもいくつかのゴルフ場で発生を認めた。病原菌はムギの立枯病と同じである。

病徴と診断

多くの場合はほぼ円形のパッチチとなるが、特にパッチの外周部分の被害が強いので、外周部が赤褐色~褐色に変色しリング状に見える。また、パッチの大きさは数10clnまでで徐々に拡大するが、プラウンパッチや赤焼病ほど進展は早くない。また、感染程度が弱い場合などはリング状にはならず、 リングの一部分だけが枯れるれることがある。
被害部分の地下葉鞘及び根は全体に黒ずんでみえ、表面には淡黒色の大い菌糸束が発達しており、部分的に菌核様の塊を形成する。これはルーペでも観察できるので診断のポイントとなる。晩秋~冬季になると被害芝の地下部の葉鞘表皮下にフラスコ型の黒色の子のう殻(約0.5mm)が見られる。

発病条件

春期~初夏、秋期~晩秋の年2回発生のピークがあり、夏場は病勢が一時衰える。しかし、冷涼な標高の高い地帯では夏場でも切れ目なく発生する。
これまでの全国の発生事例から1990年代以降に造成または改造された比較的新しいサンドグリーンでの発生が多い傾向が見られる。県内でもサンドグリーンに改造した翌年に発生した事例が見られた。
その他、土壌pHが高い場合、肥料分が少ない場合等に発病が助長される傾向が見られる。
最近になって全国的に多発した理由としては、サンドグリーンの普及、農薬散布量の減少、栽培管理(特に土壌管理)の変化、種子伝染等様々なことが考えられている。

防除方法

発生が確認されてからまだ間がないため、有効な防除法について詳細には判っていないのが実状である。発生事例からグリーンの造成あるいは改造後、数年間は特に観察を怠らないことが重要である。
耕種的には適正土壌pH、適正施肥に心がける。発生してからの薬剤防除効果は他の病害ほど高くないので、 7~10日おきに繰り返し薬剤散布する。また、春期に発生した場合は秋期の、秋期に発生した場合は翌春の発生前からの予防散布で対応する。

農業関係試験場について

長野県農業関係試験場は、県内6つの試験場を中心に農業・水産業の課題解決のための試験研究を行っています。

  • 農業試験場
  • 果樹試験場
  • 野菜花き試験場
  • 畜産試験場
  • 南信農業試験場
  • 水産試験場
  • 病害虫図鑑
  • 研究課題の募集
  • 視察研修の受け入れについて
  • 研究成果
  • スマート農業
Copyright © Nagano Prefecture. All rights reserved.