農作物病害虫データベース

ハチ(天敵)

ハチ

病徴と診断

大きな巣を作る社会性蜂のススメバチ類、クロススメバチ類(地蜂)、アシナガバチ類は昆虫類だけでなく小動物の肉も幼虫の餌にする。これらは捕らえた餌をかみ砕き肉団子状にして巣に運ぶ。捕食量は明らかでないが天敵としての役割は大きい。しかし、ススメバチ類は糖度の高いブドウなどの果実に傷つけ、果汁を吸汁することもあり、害虫としての面ももっているし、時として人を襲うので衛生害虫でもある。
孤独性蜂のドロバチ類はりん翅目の幼虫を自分の幼虫の餌にする。 りん翅目の幼虫やクモ類を餌にするジガバチ類と共に、俗に「狩人バチ」とも言われる。筒類に巣を作るミカドドロバチはハマキムシ類の幼虫を専門に集める。同じくオオフタオビドロバチはシャクトリムシ等少し大型の幼虫を餌にする。これらは農業害虫の天敵として評価はされているが能力が未知数である。また、殺虫剤に弱いので、殺虫剤が通常の防除手段として用いられる栽培では利用が難しい。

農業関係試験場について

長野県農業関係試験場は、県内6つの試験場を中心に農業・水産業の課題解決のための試験研究を行っています。

  • 農業試験場
  • 果樹試験場
  • 野菜花き試験場
  • 畜産試験場
  • 南信農業試験場
  • 水産試験場
  • 病害虫図鑑
  • 研究課題の募集
  • 視察研修の受け入れについて
  • 研究成果
  • スマート農業
Copyright © Nagano Prefecture. All rights reserved.