農作物病害虫データベース

雲形病(普通作物/ムギ類)

雲形病

長野県でも昭和30年代までは南信地方を中心に全県で発生が認められていたが、近年の発生は少ない。本病はオオムギだけに発生する。

病徴と診断

葉、葉鞘、節、穂に発生する。葉の病斑が最も特徴的でやや不定形な紡錘形あるいは長楕円形で、中央部が灰褐色、周縁部が赤褐色の病斑となる。イネのいもち病の病斑に似ている。多発した場合は、互いの病斑が融合して不規則な雲形の病斑となる。穂では籾の一部に褐色の病斑が生じる。

発病条件

菌糸の形で種子及び麦稈で夏を越し、第1次伝染源となるが、汚染種子による伝染が重要だと考えられている。

防除方法

①発生圃場から採種をしない。②被害麦稈を焼却処分する。③発生初期に薬剤を散布する。

農業関係試験場について

長野県農業関係試験場は、県内6つの試験場を中心に農業・水産業の課題解決のための試験研究を行っています。

  • 農業試験場
  • 果樹試験場
  • 野菜花き試験場
  • 畜産試験場
  • 南信農業試験場
  • 水産試験場
  • 病害虫図鑑
  • 研究課題の募集
  • 視察研修の受け入れについて
  • 研究成果
  • スマート農業
Copyright © Nagano Prefecture. All rights reserved.