農作物病害虫データベース

雪腐病類(普通作物/ムギ類)

雪腐病類

長野県では主に北信地方の中山間地で降雪量の多い年に発生が目立つ。長野で発生している雪腐病類は雪腐小粒菌核病、紅色雪腐病及び褐色雪腐病である。

病徴と診断

いずれも融雪直後、罹病ムギはゆでたような水浸状暗緑色で地面に張り付いており、乾くと灰褐色になる。雪腐小粒菌核病は被害組織に褐色または黒色のけし粒状の小さな菌核を形成する。両者は異なる菌によるもので、前者を雪腐褐色小粒菌核病、後者を雪腐黒色小粒菌核病という。また、紅色雪腐病は被害茎葉がやや桃~紅色に見え菌核は形成しない。褐色雪腐病も菌核を形成しないが、紅色雪腐病とは罹病部分の色調で識別できる。
また、褐色雪腐病は組織内に円形の卵胞子が形成されているので、診断の参考にできる。

発病条件

雪腐小粒菌核病及び紅色雪腐病は積雪期間の長い場合、褐色雪腐病は排水不良畑で発生が多い。

防除方法

根雪前に薬剤を散布する。

農業関係試験場について

長野県農業関係試験場は、県内6つの試験場を中心に農業・水産業の課題解決のための試験研究を行っています。

  • 農業試験場
  • 果樹試験場
  • 野菜花き試験場
  • 畜産試験場
  • 南信農業試験場
  • 水産試験場
  • 病害虫図鑑
  • 研究課題の募集
  • 視察研修の受け入れについて
  • 研究成果
  • スマート農業
Copyright © Nagano Prefecture. All rights reserved.