農作物病害虫データベース

紫斑病(普通作物/ダイズ)

紫斑病

本病は古くから紫斑粒として知られ、不良品として扱われてきたが、これが病害による被害粒と知られたのは大正の末期になってのことである。名前のとおり、子実にあざやかな紫色の斑紋を生じるのが特徴である。

病徴と診断

発芽直後から収穫期までダイズの各部位に発生する。子実の病徴は最も特徴的で、種子の胚座(へそ)を中心に紫色の斑紋を表す。このような病粒をは種すると発芽直後の子葉や胚軸に赤褐色の病斑を生じ、ダイズの生育に伴って葉身、葉鞘、茎、さやを侵す。葉の病徴はあまり目立たないが、裏面の主として中肋、支脈に沿って紫褐色の周縁不明瞭な病斑を作る。葉柄や茎には赤褐色の長円形病斑ができ、病勢が進むと灰紫黒色となって茎全体をとりかこむようになる。さやには黒味を帯びた赤褐色の円形斑点を形成し、多発すると多数融合して不正形となる。

発病条件

病原菌(カビ)は菌糸の状態で種子内や被害残湾で越冬する。病粒が播種されると子葉、胚軸が侵され、病斑上に分生胞子が形成されて第1次伝染源となる。種子伝染が著しいと欠株が多発する。一方、前年の被害茎葉上でも春から初夏にかけて分生胞子が形成され、伝染源となる。気象要因、特に降雨によつて発病が大きく左右され、開花期から結実期に気温がやや低めで降雨の多い年に紫斑粒が発生しやすい。激発すると早期に落葉し減収を招くこともあるが、通常は紫斑粒による品質低下が問題である。品種による発病差が認められる。

防除方法

1.種子はできるだけ無病のものを用いる。
2.薬剤防除は種子消毒の他、開花終期~粒肥大初期に粉剤または液剤を散布する。

農業関係試験場について

長野県農業関係試験場は、県内6つの試験場を中心に農業・水産業の課題解決のための試験研究を行っています。

  • 農業試験場
  • 果樹試験場
  • 野菜花き試験場
  • 畜産試験場
  • 南信農業試験場
  • 水産試験場
  • 病害虫図鑑
  • 研究課題の募集
  • 視察研修の受け入れについて
  • 研究成果
  • スマート農業
Copyright © Nagano Prefecture. All rights reserved.