農作物病害虫データベース

立枯性病害(普通作物/ダイズ)

立枯性病害

ダイズに立枯れを起こす土壌病害は数種知られているが、主なものは立枯病、黒根腐病、茎疫病であり、いずれの病原菌もカビで土壌伝染する。

病徴と診断

立枯病はダイズの生育中期以降に発生する。茎の地ぎわ部に長い褐変を生じ、茎全体が濃褐色に変色して亀裂を生じる。黒根腐病は立枯病と区別しにくいが、地ぎわの茎の褐変はあまり上部に至らず、病患部に無数のオレンジ~赤色の子のう殻を生じる点で判別がつく。いずれも罹病株は勢いがなく、黄化または枯死して減収する。茎疫病は茎の地ぎわ部またはそれより上部に赤褐色~灰褐色の楕円形の病斑を作り、湿潤条件では病勢が急激に進展する。病株は衰弱して黄化枯死する。

発病条件

不明な点が多いが、いずれの病害も連作によって増加する。黒根腐病、茎疫病は多湿な重粘土壌で多発するが、立枯病については明らかでない。

防除方法

連作を避け、排水を良くするなどの工夫が必要である。

農業関係試験場について

長野県農業関係試験場は、県内6つの試験場を中心に農業・水産業の課題解決のための試験研究を行っています。

  • 農業試験場
  • 果樹試験場
  • 野菜花き試験場
  • 畜産試験場
  • 南信農業試験場
  • 水産試験場
  • 病害虫図鑑
  • 研究課題の募集
  • 視察研修の受け入れについて
  • 研究成果
  • スマート農業
Copyright © Nagano Prefecture. All rights reserved.