農作物病害虫データベース

ダイメイチュウ(普通作物/トウモロコシ(スイートコーン))

ダイメイチュウ

アワノメイガと同じ穿孔性の害虫で、イネにも加害し、ニカメイガに似た被害を起こす。和名はイネヨトウ。

被害と診断

幼虫が茎や雌穂に食入する。アワノメイガと良く似た被害を起こし、被害による両種の識別は困難。ただし、生育初期に株元に食入し、株枯れを起こすのは本種による場合が多い。
老熟幼虫の体長は約3 cm。アワノメイガ幼虫によく似るが、中齢以降はダイメイチュウの方が大きく、太っている。また、老齢幼虫は背面が淡い赤紫色をおびる。蛹もやや大きく、頭部が平たくわずかに白くなるのが特徴。

発生生態

1年2~ 3回発生。アワノメイガに似た発生生態。

防除方法

1.アワノメイガと同じ。

農業関係試験場について

長野県農業関係試験場は、県内6つの試験場を中心に農業・水産業の課題解決のための試験研究を行っています。

  • 農業試験場
  • 果樹試験場
  • 野菜花き試験場
  • 畜産試験場
  • 南信農業試験場
  • 水産試験場
  • 病害虫図鑑
  • 研究課題の募集
  • 視察研修の受け入れについて
  • 研究成果
  • スマート農業
Copyright © Nagano Prefecture. All rights reserved.