農作物病害虫データベース

モザイク病(普通作物/ソバ)

モザイク病

病徴と診断

生育の後期になると目立ってくる。葉が小型になり、でこぼこして葉縁が波打ち状にまくれる。葉脈に囲まれた部分で黄緑色となリモザイク症状を示し、花も縮んで十分にひらかず、株全体の生育が悪く節間がつまってわい化する。

発病条件

病原となるウイルスは2種類で、両方ともアブラムシによって伝搬される

防除方法

アブラムシによって伝搬されるが、適用登録のある薬剤がないので薬剤による防除は困難である。

農業関係試験場について

長野県農業関係試験場は、県内6つの試験場を中心に農業・水産業の課題解決のための試験研究を行っています。

  • 農業試験場
  • 果樹試験場
  • 野菜花き試験場
  • 畜産試験場
  • 南信農業試験場
  • 水産試験場
  • 病害虫図鑑
  • 研究課題の募集
  • 視察研修の受け入れについて
  • 研究成果
  • スマート農業
Copyright © Nagano Prefecture. All rights reserved.