農作物病害虫データベース

白さび病(普通作物/ワサビ)

白さび病

病徴と診断

主に葉に発生するが、葉柄、花軸、花柄などにもでる。葉では裏がわに真っ白くて盛り上がった小型の病斑ができ、表がわは色の薄い円い斑点ができる。白い斑点はのちに中から白い粉が噴き出す。病斑の周りにべと病を併発することがしばしばある。花軸や花柄に発病すると病斑部が大くなり、奇形になる。

発病条件

病原菌は病斑上で越冬するが、病斑がなくて健全にみえるところでも越冬することがある。病斑から白い粉が出て、これが空中に飛散して伝染する。春や秋の気温の低い時期に発生が多い。

防除方法

発病がみられたら、胞子が飛散する前に摘み取って処分する。

農業関係試験場について

長野県農業関係試験場は、県内6つの試験場を中心に農業・水産業の課題解決のための試験研究を行っています。

  • 農業試験場
  • 果樹試験場
  • 野菜花き試験場
  • 畜産試験場
  • 南信農業試験場
  • 水産試験場
  • 病害虫図鑑
  • 研究課題の募集
  • 視察研修の受け入れについて
  • 研究成果
  • スマート農業
Copyright © Nagano Prefecture. All rights reserved.