農作物病害虫データベース

軟腐病(普通作物/ワサビ)

軟腐病

病徴と診断

根茎に発生する。初め水浸状の病斑ができ、急速にひろがって軟化腐敗し、やがて崩壊して株全体が枯死する。茎が腐ると特有の悪臭がする。

発病条件

病原菌は多犯性でたくさんの作物を侵す。陸ワサビでは土壌伝染し、水ワサビでは水媒伝染するが、主として傷口から侵入する。陸ワサビではチッソ肥料が効きすぎると発生が多く、水ワサビでは水温が高いと多いとされている。

防除方法

陸ワサビでは適性な施肥を行い、水ワサビでは水温を上げないように管理する。

農業関係試験場について

長野県農業関係試験場は、県内6つの試験場を中心に農業・水産業の課題解決のための試験研究を行っています。

  • 農業試験場
  • 果樹試験場
  • 野菜花き試験場
  • 畜産試験場
  • 南信農業試験場
  • 水産試験場
  • 病害虫図鑑
  • 研究課題の募集
  • 視察研修の受け入れについて
  • 研究成果
  • スマート農業
Copyright © Nagano Prefecture. All rights reserved.