農作物病害虫データベース

萎縮病(普通作物/ワサビ)

萎縮病

病徴と診断

葉がでこぼこになり、皺がよって縮む。また、葉脈透化やモザイクと共にえそ斑点を示すこともあるが、株全体が萎縮して生育がおとる。初めは症状が軽いが、株分け繁殖を繰り返すうちに重くなり、大きい被害を与える。

発病条件

病原として3種類のウイルスが知られている。株分け繁殖による伝染が多い。これらのウイルスには接触伝染するものと、アプラムシによって伝搬されるものとがあるが、いずれも種子伝染はしない。

防除方法

株分けでは健全株から苗をとる。実生苗を用いる。

農業関係試験場について

長野県農業関係試験場は、県内6つの試験場を中心に農業・水産業の課題解決のための試験研究を行っています。

  • 農業試験場
  • 果樹試験場
  • 野菜花き試験場
  • 畜産試験場
  • 南信農業試験場
  • 水産試験場
  • 病害虫図鑑
  • 研究課題の募集
  • 視察研修の受け入れについて
  • 研究成果
  • スマート農業
Copyright © Nagano Prefecture. All rights reserved.