農作物病害虫データベース

褐斑病(果樹/リンゴ)

褐斑病

葉と果実に発生する。どの品種にも発生するが晩生種ほど被害が大きい。ボルドー液を散布しない防除体系で発生することが多い。

病徴と診断

葉でははじめ紫色がかった小さい斑点が見られる。
これは後に大きくなり互いに融合して、褐色で不整形の病斑になる。多発すると激しく落葉する。果実では円形でややくぼんだ黒色病斑ができる。こうあ部から肩にかけて発病することが多い。葉の病斑、果実の病斑ともに病斑内には黒色の小さい点々(分生子堆)ができる。

発病条件

被害落葉に子のう胞子が作られ第1次伝染源になる。
子のう胞子は雨が降ると飛散し、葉に感染する。葉の発病は7月頃から見られ、病斑の分生子堆上に分生子が作られ、新しい葉や果実に運ばれ2次伝染を繰り返す。 7月から9月にかけて低温多雨の年に多発する。

防除方法

7月中~下旬を重点に、殺菌剤を散布する。

農業関係試験場について

長野県農業関係試験場は、県内6つの試験場を中心に農業・水産業の課題解決のための試験研究を行っています。

  • 農業試験場
  • 果樹試験場
  • 野菜花き試験場
  • 畜産試験場
  • 南信農業試験場
  • 水産試験場
  • 病害虫図鑑
  • 研究課題の募集
  • 視察研修の受け入れについて
  • 研究成果
  • スマート農業
Copyright © Nagano Prefecture. All rights reserved.