農作物病害虫データベース

モザイク病(果樹/リンゴ)

モザイク病

病徴と診断

接ぎ木伝染するウイルス病である。葉に黄白色の鮮やかな斑紋が生じるので診断を誤ることはない。斑紋は葉脈に沿って網目状に現れたり、葉脈間に不正形の大型斑紋になったりする。樹全体に発病するが、枝単位で発病することもある。果実には異常が認められない。樹勢が慢性的に衰弱するが、激しい衰弱や枯死に至ることはない。

発病条件

病徴発現のない無保毒樹から採った穂木を用いて苗木生産、高接ぎを行えば防止できる。

農業関係試験場について

長野県農業関係試験場は、県内6つの試験場を中心に農業・水産業の課題解決のための試験研究を行っています。

  • 農業試験場
  • 果樹試験場
  • 野菜花き試験場
  • 畜産試験場
  • 南信農業試験場
  • 水産試験場
  • 病害虫図鑑
  • 研究課題の募集
  • 視察研修の受け入れについて
  • 研究成果
  • スマート農業
Copyright © Nagano Prefecture. All rights reserved.