農作物病害虫データベース

奇形果病(果樹/リンゴ)

奇形果病

病徴と診断

果実だけに病徴が現れる。果面が不規則にくばんで奇形となり、へこんだ部分がコルク化したり着色むらになったりする。へこんだ部分は果実が肥大すると、かえっていぼのように突出する場合がある。症状は5~ 6月の幼果期に最も激しい。
本病はホウ素欠乏症の縮果病と間違えられるが、縮果病にみられる果肉のコルク化が生じないので区別できる。また、ゆず果病とは発病の時期が異なる。

発生条件と防除方法

病原は不明であるが、接ぎ木で伝染する。発病樹は改植しなければならない。

農業関係試験場について

長野県農業関係試験場は、県内6つの試験場を中心に農業・水産業の課題解決のための試験研究を行っています。

  • 農業試験場
  • 果樹試験場
  • 野菜花き試験場
  • 畜産試験場
  • 南信農業試験場
  • 水産試験場
  • 病害虫図鑑
  • 研究課題の募集
  • 視察研修の受け入れについて
  • 研究成果
  • スマート農業
Copyright © Nagano Prefecture. All rights reserved.