農作物病害虫データベース

ユキヤナギアブラムシ(果樹/ナシ・リンゴ・果樹全般)

ユキヤナギアブラムシ

リンゴやナシを加害するアブラムシ類は、ユキヤナギアブラムシ、リンゴコブアブラムシ、ムギクビレアブラムシ、 リンゴワタムシの4種が主に発生するが、中でもユキヤナギアブラムシが最も一般的である。本種は、 リンゴの他、ナシ、モモ、スモモなどの多種の果樹に寄生する。

被害と診断

無翅虫は鮮やかな黄色~緑色で、腹部の後方にある尾片と2本の角状管が黒色である。寄生は、伸長している新梢の先端及び先端の若葉にみられる。多発すると排泄物にすす症が発生して果実や葉が汚れたり、摘果などの作業中に衣服や顔などに虫がついて不快感を与える。

発生生態

主としてュキヤナギなどの芽の付近に産みつけられた卵で越冬する。卵は黒色の楕円形である。越冬卵からふ化した幼虫は、幹母と呼ばれる雌成虫となる。この幹母から2~ 3世代をユキヤナギの樹上で過ごした後、 5月中旬頃に有翅虫が出現しリンゴヘ移動してくる。有翅虫から産まれた幼虫は無翅の雌となり、その後リンゴの樹上で数世代を過ごす。 リンゴでの発生が多くなるのは、 6~ 7月にかけてである。新梢の伸長が止まる頃になると、再び有翅虫が現れ夏寄主に移動する。ユキヤナギアブラムシの雄は、年間を通してほとんど現れない。雄が出現するのは秋のみで、この時期に雄と雌が交尾し、越冬卵を産む。このように、越冬前以外の本種の増殖は、雌だけの単為生殖で行なわれる。また、雌成虫は卵でなく幼虫を直接産むため、生育期間が短縮され寄生量は短期間に急激に増える。このように幼虫を産出する雌を胎生雌という。

防除方法

発生を認めたら浸透性がある殺虫剤を散布する。ユキヤナギアブラムシは葉を巻くことがないので、虫体に直接薬剤がかかりやすい。そのため、浸透性のない接触系の薬剤も有効である。また、本種の防除時期となる5月中旬~ 6月上旬は、薬剤によって生理落果を助長することがあるので、薬剤の選択にあたっては注意が必要である。

農業関係試験場について

長野県農業関係試験場は、県内6つの試験場を中心に農業・水産業の課題解決のための試験研究を行っています。

  • 農業試験場
  • 果樹試験場
  • 野菜花き試験場
  • 畜産試験場
  • 南信農業試験場
  • 水産試験場
  • 病害虫図鑑
  • 研究課題の募集
  • 視察研修の受け入れについて
  • 研究成果
  • スマート農業
Copyright © Nagano Prefecture. All rights reserved.