農作物病害虫データベース

灰色かび病(果樹/ブドウ・果樹全般)

灰色かび病

本病は施設栽培の増加に伴って被害が目立つようになった。花穂や果実を腐敗させ、輸送中や店頭でも発生して被害を出す。病原菌は寄主範囲が広く、プドウ以外にリンゴ、モモ、オウトウ、ナシなどの果樹の他に、野菜、花きなどにも発生する。

病徴と診断

葉、花穂、幼果、熟果に発生する。
葉では葉脈に沿って褐色で不整形の病斑を生じ、病斑上には灰色のかびを生じる。
花穂では、穂軸や果梗の一部が褐変枯死し、花振るいを起こす。
果実では、主として熟果の発病が多いが、幼果に発生することもある。幼果では、花かすが付着した果粒から黒褐色に腐敗する。
熟果では果粒の果頂部から放射状に腐敗が始まり、粒全体に拡大する。 1つの果粒が腐ると、隣接の果粒に次々と伝染して房全体が腐敗する。
被害部にはいずれも灰色のネズミの毛のような胞子が多量に形成される。

発病条件

本菌は被害部のほか、種々の植物に寄生して越冬する。適度な温湿度条件が整うと越冬部位で胞子が形成され、風などで伝搬して1次伝染源となる。
果実は花~幼果期と熟期に病気に罹りやすい。従ってこれらの時期に降雨が多く湿潤な天候が続くと多発する。
花穂の発病は「デラウェア」では少なく、「巨峰」、「マスカットベリーA」、「キャンベルアーリー」などで多い。熟果では収穫前の長雨による裂果から多発する場合が多いので、果皮が薄く、裂果しやすい欧州系品種(「ルビーオクヤマ」、「赤嶺」、「ロザリオビヤンコ」など)は発病が多い。
また、花冠や花粉などの花かすでも菌は繁殖しているので、花かすが付着した葉や果粒から発病しやすい。
ハウス栽培では湿度が高くなりやすいため、露地栽培に比べて発生が多い。

防除方法

薬剤防除は花穂の発病防止や花かすへの感染防止が目的で、開花直前、落花直後の防除が重要である。この時期は薬剤による果粉溶脱や汚れの心配がないので十分量を散布する。
ハウス栽培では多湿になりやすいので、ハウス内の換気に注意し、開花期前後は潅水を控えビニールマルチを敷く。また、花かす落としを励行して熟果の発病を軽減する。
発病した花穂、果実は伝染源になるのでみつけ次第園内から除去する。

農業関係試験場について

長野県農業関係試験場は、県内6つの試験場を中心に農業・水産業の課題解決のための試験研究を行っています。

  • 農業試験場
  • 果樹試験場
  • 野菜花き試験場
  • 畜産試験場
  • 南信農業試験場
  • 水産試験場
  • 病害虫図鑑
  • 研究課題の募集
  • 視察研修の受け入れについて
  • 研究成果
  • スマート農業
Copyright © Nagano Prefecture. All rights reserved.