農作物病害虫データベース

さび病(果樹/ブドウ)

さび病

近年では発生少ないが、多発した場合は早期落葉して果実品質や樹勢に影響する。病原菌はプドウの他に山林樹木のアワブキ属植物にも寄生し、春~夏期はアワブキ属植物、夏~秋冬期はブドウ属植物に寄生する。このように時期によって宿主を変えるので異種寄生性菌と呼ばれる。

病徴と診断

主として葉に発病し、 2種類の胞子堆と呼ばれる胞子形成器官を生じるのが特徴である。 1つは黄色、粉末状の夏胞子堆で7月頃から葉裏に形成される。この内部では夏胞子が作られる。もう一つは9月頃から形成される冬胞子堆で、黒褐色を呈し多角形で、発病葉の裏に夏胞子堆に替わって形成される。

発病条件

ブドウ属、アワブキ属に寄生する。ブドウ属ではブドウの他にヤマブドウ、エビズルなどに寄生する。アワブキ属ではアワブキとミヤマハハソ(ミヤマホオソ)に寄生する。ブドウ被害落葉で越冬した冬胞子が、翌春発芽してアワブキ新葉に飛散して感染発病する。アワブキでは6~ 7月頃胞子を形成し、この胞子がプドウに感染する。ブドウでは葉裏に夏胞子を生じて次々に2次感染を起こす。
初発時期は6月下旬から7月中下旬で、その後梅雨明けから増加して、 8月に最盛期を迎える。梅雨明けから9月にかけて晴天の年に多く、天候不順の年には発生が少ない。
ブドウ品種では欧州種は発病しにくいが、米国種で発病が多い。「巨峰」や「デラウェア」は発病が多い。

防除方法

アワブキを伐採して伝染源を除去するとともに、予防散布につとめる。果実汚染の問題のない袋掛け後と収穫後にはボルドー液を散布をする。

農業関係試験場について

長野県農業関係試験場は、県内6つの試験場を中心に農業・水産業の課題解決のための試験研究を行っています。

  • 農業試験場
  • 果樹試験場
  • 野菜花き試験場
  • 畜産試験場
  • 南信農業試験場
  • 水産試験場
  • 病害虫図鑑
  • 研究課題の募集
  • 視察研修の受け入れについて
  • 研究成果
  • スマート農業
Copyright © Nagano Prefecture. All rights reserved.