農作物病害虫データベース

ウスミドリカスミカメ(果樹/ブドウ)

ウスミドリカスミカメ

ブドウの他にリンゴ、モモ、カキにも被害が見られる。この他、チャ、キク、ダイズなど寄生範囲が広い。

被害と診断

展葉した葉にぼつぼつと穴が開き、この穴は葉の肥大と共に広がり、やがて破れ傘のようになる。被害は新梢の基部の葉で見られ、 5月中旬頃以後の伸長した新たな葉では見られない。成虫は体長5~ 6 mmの緑色をした小さなカメムシで、動きが素早く気配を感じると葉裏や陰の部分に逃げる。

発生生態

越冬は下草の中などで成虫又は幼虫でするものと考えられる。越冬成虫は4月になると活動を始め、萌芽状態のふくらんだ芽に針状の口器(口吻)を刺し込んで吸汁する。また、芽に産卵しふ化した幼虫も同じように吸害する。この時期の芽は葉が幾重にも重なった状態であるので、吸汁のため口吻を芽に刺すと一度に何枚もの葉に傷が付く。したがって、何回も吸汁されると葉全体が傷だらけになり、葉が展葉するに従って傷の部分から葉が破れる被害になる。被害は周辺に雑草地があったり山沿いでみられやすい。発生回数は年2~ 3回。2回目以降はキクや他の植物に移動する。

防除方法

毎年必ず発生するとは限らないので発生予測は困難である。通常防除がされている園ではほとんど発生しない。

農業関係試験場について

長野県農業関係試験場は、県内6つの試験場を中心に農業・水産業の課題解決のための試験研究を行っています。

  • 農業試験場
  • 果樹試験場
  • 野菜花き試験場
  • 畜産試験場
  • 南信農業試験場
  • 水産試験場
  • 病害虫図鑑
  • 研究課題の募集
  • 視察研修の受け入れについて
  • 研究成果
  • スマート農業
Copyright © Nagano Prefecture. All rights reserved.