農作物病害虫データベース

縮葉病(果樹/モモ)

縮葉病

発芽期から展葉期にかけて葉が赤褐色、火ぶくれ状に奇形化する病害である。

病徴と診断

モモの他にネクタリン、ウメ、アンズにも発生する。主に葉に発病するが、希に新梢、花、幼果にも発生する。葉では発芽と同時に発病し、展開葉は黄~赤色、火膨れ状の病斑が現れ、やがて全体が膨れ上がって奇形化する。発病葉は黒色に変色して落葉する。
葉の奇形化は葉内に侵入した病原菌が植物成長ホルモンを分泌し、異常生育を引き起こすためである。
新梢では黄緑色に肥大して成長が妨げられ、樹脂を分泌する。果実では淡緑色の火ぶくれ状の病斑を形成する。

発病条件

病原菌は枝や芽の表面に付着して越冬し、開花期頃の降雨によって若い葉に侵入して発病する。発芽~5月下旬まで気温が低く降雨が多いときに発生が多い。

防除方法

病原菌は枝などの表面に付着しているので薬剤散布によって薬液が直接菌と接触しやすく、防除効果は高い。通常、1回の発芽前散布で十分な効果が得られる。
薬剤散布は初冬期または発芽前の風のない穏やかな日を選び、散布むらのないように十分量を散布する。発芽期以降に防除すると著しく防除効果が劣り、薬害が発生することがあるので散布時期が遅れないように注意する。

農業関係試験場について

長野県農業関係試験場は、県内6つの試験場を中心に農業・水産業の課題解決のための試験研究を行っています。

  • 農業試験場
  • 果樹試験場
  • 野菜花き試験場
  • 畜産試験場
  • 南信農業試験場
  • 水産試験場
  • 病害虫図鑑
  • 研究課題の募集
  • 視察研修の受け入れについて
  • 研究成果
  • スマート農業
Copyright © Nagano Prefecture. All rights reserved.