農作物病害虫データベース

うどんこ病(果樹/モモ)

うどんこ病

果実と葉に発生するが、それぞれ異なる病原菌によって起こり、発生時期も異なる。葉の発病は実用上問題が少なく、樹勢などに対する影響は少ない。しかし、果実の発病は斑点や奇形を生じて商品価値が低下する。

病徴と診断

果実では5月頃から果面にうどん粉をまぶしたような白色の径1~ 2 cmの丸い病斑を生じる。病斑部は淡褐色でややへこみ硬化して奇形となる。
葉では、 7月頃から葉裏に白色のカビを生じ、やがて表側にもカビを生して葉の全面を覆う。若い葉に発病すると葉は波打ち、落葉しやすくなる。落葉期近くになると病葉上に黒色の小粒ができる。

発病条件

病原菌は、被害果実、被害落葉で越冬する。果実は5月~ 6月にかけて発病し、その後は発病しない。本菌は乾燥しているときに胞子が盛んにつくられ、風で伝搬するので、このころ降雨が少ないと発病が多い。葉では7月ころから発病する。

防除方法

果実、葉の発病期に殺菌剤を予防散布する。

農業関係試験場について

長野県農業関係試験場は、県内6つの試験場を中心に農業・水産業の課題解決のための試験研究を行っています。

  • 農業試験場
  • 果樹試験場
  • 野菜花き試験場
  • 畜産試験場
  • 南信農業試験場
  • 水産試験場
  • 病害虫図鑑
  • 研究課題の募集
  • 視察研修の受け入れについて
  • 研究成果
  • スマート農業
Copyright © Nagano Prefecture. All rights reserved.