農作物病害虫データベース

カワリコブアブラムシ・モモコフキアブラムシ(果樹/スモモ・モモ・果樹全般)

カワリコブアブラムシ・モモコフキアブラムシ

主要な加害種は、モモアカアブラムシのほか、カワリコブアブラムシ、モモコフキアブラムシの2種が知られている。カワリコブアブラムシ、モモコフキアブラムシともに春先から寄生が始まる。両種とも葉裏に寄生し、寄生量が多くなると葉の機能が低下する。そのため樹は衰弱し、果実肥大や翌年の花芽形成に影響する。また排泄物にすす病菌が繁殖し葉や果実が汚れる。

被害と診断

カワリコブアブラムシはモモ、ネクタリン、スモモに寄生する。体色は黄緑色で、触角及び角状管先端の黒色部が鮮明である。新梢先端部の葉裏に寄生し、葉を裏側に縦に細く巻くので、他のアブラムシの被害と簡単に区別できる。かつてこの被害はモモアカアブラムシによるものとされていた。
モモコフキアブラムシはモモの害虫として著名である。きわめて普通種で、しばしばモモに大発生する。葉裏の主脈に沿って両側に寄生する。体色は黄緑色から緑色で、ときに頭部、胸部と腹部後方が暗褐色である。体全体がろう質の白い粉におおわれるので、一見すると白色に見える。寄生を受けた葉は軽く巻縮するが、他の主要種の被害のように激しく巻葉することはない。本種の排泄物にすす病が多く発生し、寄生部より下の葉や果実は黒色に汚れる。

発生生態

カワリコブアブラムシはモモ、スモモなどの枝で卵越冬する。越冬卵は春先よりふ化するが、発生が目立つようになるのはモモアカアブラムシよりやや遅く5月上旬以降である。6月頃から有翅虫が現れ、夏寄主であるセンニンソウ、ボタンズルヘ移動する。モモの樹上ではモモアカアブラムシより遅くまで発生がみられる。10月中旬頃から再びモモヘ飛来して、交尾後越冬卵を産む。
モモコフキアブラムシも他の主要種と同様にモモ、スモモなどの枝で卵越冬し、ふ化後新葉に寄生する。被害が目立つ時期は、モモアカアブラムシ、カワリコブアブラムシよりやや遅く、 5月下旬~ 6月である。 7月頃から有翅虫が現れ夏寄主であるイネ科のアシに移動する。主要種の中では最も遅くまで樹上での寄生がみられる。晩秋になると再びモモヘの飛来し、交尾後越冬卵を産む。

防除方法

両種の発生時期がやや異なるので、発生動向に注意し、発生初期に浸透移行性のある殺虫剤を散布する。特にカワリコブアブラムシは、発生が多くなると葉を激しく巻き、薬剤がかかりにくくなり効果が劣るので、防除時期を失わないようにする。

農業関係試験場について

長野県農業関係試験場は、県内6つの試験場を中心に農業・水産業の課題解決のための試験研究を行っています。

  • 農業試験場
  • 果樹試験場
  • 野菜花き試験場
  • 畜産試験場
  • 南信農業試験場
  • 水産試験場
  • 病害虫図鑑
  • 研究課題の募集
  • 視察研修の受け入れについて
  • 研究成果
  • スマート農業
Copyright © Nagano Prefecture. All rights reserved.