農作物病害虫データベース

黒星病(果樹/ナシ)

黒星病

古くから発生している病害で、ニホンナシ、チュウゴクナシに発生する。セイヨウナシにも黒星病が発生するが、これとは病原菌が異なる。気象などの環境要因によって発生が大きく左右され、条件によっては激しく発生し大きな被害をもたらす。

病徴と診断

葉、葉柄、果実、果柄、枝のいずれにも発生する。葉および葉柄では展葉直後から発生し、葉では初めうすぼんやりした黄色の病斑ができ、やがて不正形の斑点が現れる。しばらくすると病斑上には黒いすす状の胞子が多量に形成される。葉柄では縦に長い病斑ができ、その部分がくびれて落葉する。
果実では幼果の時期に発生すると黒色すす状の病斑をつくり、裂果して落果する。生育後半に感染したものは落果せず、収穫期まで樹上に残り、黒色の少しくぼんだえくば状の病斑ができる。果柄では葉柄と同様な症状を示し、早期に落果する。枝では6月ころの緑枝の時期に円形のすす状病斑が形成され、次第にかさぶた状となりはげて落ちることもある。

発病条件

第一次伝染源は秋期に感染した被害落葉およびりん片病斑である。翌春、被害落葉上には子のう胞子が形成され、 りん片病斑は芽基部病斑、果そう基部病斑となり、病斑上に多数の分生胞子を形成する。これらの胞子が降雨とともに飛散し、葉、葉柄、果実あるいは果柄へ感染する。
比較的低温多湿条件で発病が多く、開花期前後に降雨が続くと初期感染量が多くなり多発の原因となる。幼果期は本病に対する感受性が高く発病しやすい。果実の感受性は成長とともに低下していくが、幸水では他の品種より後期まで感受性が高く、本病の発生の多い原因の一つとなっている。梅雨が長引いたり、冷夏多雨の年には収穫果の発病が増加する。

防除方法

被害落葉が第一次伝染源となるので、ほ場内の落葉は集めて焼却するか、土中深く埋める。また、 りんぽう脱落期ころ芽基部につくられる病斑上には多数の分生胞子が形成され、重要な伝染源となるので早めに切り取って処分する。芽基部病斑は葉芽より花芽に多く、特に腋花芽に多いので腋花芽果実を多く利用する幸水では特に注意しできる限り処分する。
全生育期間を通して防除が必要であるが、特に初期感染を抑えることが重要であり、開花前後および、その後の5月中の防除を徹底する。梅雨期間中も重要な防除時期である。
本病は感染から発病するまでの潜伏期間が比較的長く、通常14日~30日かかり、発病を認めてからの防除では間に合わない。伝染源を少なくするためには収穫後であるが、10~ 11月の秋期防除も重要である。

農業関係試験場について

長野県農業関係試験場は、県内6つの試験場を中心に農業・水産業の課題解決のための試験研究を行っています。

  • 農業試験場
  • 果樹試験場
  • 野菜花き試験場
  • 畜産試験場
  • 南信農業試験場
  • 水産試験場
  • 病害虫図鑑
  • 研究課題の募集
  • 視察研修の受け入れについて
  • 研究成果
  • スマート農業
Copyright © Nagano Prefecture. All rights reserved.