農作物病害虫データベース

吸蛾類(果樹/ナシ・モモ・リンゴ・果樹全般)

吸蛾類

吸蛾類の被害はナシ、モモ、 リンゴ、ブドウ、スモモ、プルーンに見られる。被害は7月頃から始まるが、 8月後半から9月に多く、この頃に熟期に入る品種に集中する。
幼虫が山野の雑草で育ち、成虫が果樹園に飛来し加害するので、効率的な防除対策がない難防除害虫である。長野県ではアケビコノハ、アカエグリバ、ウスエグリバ、オオエグリバ、キンイロエグリバ、ヒメエグリバ、ムクゲコノハ、ホソオビアシブト、モンキムラサキコノハ、 トモエガの加害が知られている。特にアゲビコノハ、ウスエグリバが多い。夜間に飛来し吸害するので夜蛾ともいわれる。

被害と診断

成虫が果実に口吻を刺して果汁を吸う。吸われた部分は刺し傷ができるが初めは判別しにくく、外観上にも顕著な変化がない。果肉部は大きな範囲でスポンジ状になり押すと凹む。吸害部は日が経つにつれ円形に凹んでやがて腐敗する。収穫期に近いものが被害を受けやすく、未熟の果実はほとんど加害されない。果実の熟した香りは吸蛾を呼び寄せるとされている。長野県では8月~10月に被害が出るが、特に8月後半~ 9月下旬に収穫期に近づく品種に被害が集中する。
成虫は林野に生息し飛来するので、林野に近い果樹園ほど被害を受けやすいが、飛翔力があるのでかなり林野から離れていても被害を受けることがある。

発生生態

幼虫の食草はアゲビコノハがアケビ、ムベ、カミエビ、 ミツバアケビである。エグリバ類はアオツヅラフジやカラマツソウで、何れも山野に自生する一般的な雑草である。発生回数は種によって異なり、オオエグリバは年2回、ヒメエグリバは3回である。ほとんどの種は2~ 3回である。
成虫が果樹園に飛来する時間は薄暮期から夜9時までで、これ以降は新たな飛来はほとんどない。飛来した成虫は朝まで果樹園に留まり吸害し、明るくなり始めると果樹園を去る。前夜に飛来した個体が次の日に再び同じ園に飛来する率は極めて低いとされている。なお、成虫の飛来は気温の高い日ほど活発である。また、光に集まる習性はほとんどなく、逆に光を避ける。

防除方法

毎日新たに林野から成虫が飛来するので、殺虫剤による防除は効率が悪い。成虫の飛来は夜9時頃までに集中するので、夜8時~ 9時頃に園内を回り成虫を捕殺する。腐敗果は成虫を呼び寄せるので放置しない。果樹園を網で覆うのは経費がかかるが確実な効果がある。鳥の被害を防げる外、網の目を小さくすれば雹害の防止にもなる。網は塀のように周辺を覆う方法もあるが、乗り越えられるので天井部まで覆う方がよい。
成虫が光を避ける習性を利用し、園内を照明して飛来を防ぐ方法がある。光源は白色灯ではだめで黄色灯やナトリウム灯がよい。点灯は薄暮期から夜中の0時頃までする。

農業関係試験場について

長野県農業関係試験場は、県内6つの試験場を中心に農業・水産業の課題解決のための試験研究を行っています。

  • 農業試験場
  • 果樹試験場
  • 野菜花き試験場
  • 畜産試験場
  • 南信農業試験場
  • 水産試験場
  • 病害虫図鑑
  • 研究課題の募集
  • 視察研修の受け入れについて
  • 研究成果
  • スマート農業
Copyright © Nagano Prefecture. All rights reserved.