農作物病害虫データベース

かいよう病(果樹/ウメ)

かいよう病

近年多発傾向にある。罹病果は落果せず収穫期まで残るため、被害果が収穫果に混入し、品質上大きな問題となる。

病徴と診断

葉、枝、果実のいずれにも発生するが、とくに果実の被害が問題となる。葉では初め水浸状、後に褐色の小斑点を作り、病斑部は小さい穴があく。多発すると早期落葉する。枝では成育中の緑枝(新梢)に、初め水浸状で後にやや盛り上がった黒色の病斑をつくる。また、前年の秋に感染し、赤紫色の小型病斑で越冬したものも、春先になって濃緑色、油浸状の病斑となり拡大する。枝病斑は古くなると表面にたてに亀裂ができる。果実では初め周縁に水浸状あるいは赤紫色のハローをともなった、 1~数mmのややくぼんだ病斑をつくる。小梅ではこのくぼみがひどい。

発病条件

伝染源は枝病斑で、前年の夏から秋にかけて感染し、春先に病原菌をつくる。落花期ころから果実肥大期にかけて傷口、気孔、皮目などから侵入感染する。小梅は発生しやすく、幼木で発生が多い。雨の多い年、低湿地、多肥栽培で発生しやすい。

防除方法

冬期のせん定時に病枝を切除する。樹勢の弱った樹に発生しやすいので、樹勢の維持につとめる。小梅では展葉初期から5月中旬ころまで2~ 3回薬剤防除を行う。中、大梅ではさらにもう1~ 2回防除する。

農業関係試験場について

長野県農業関係試験場は、県内6つの試験場を中心に農業・水産業の課題解決のための試験研究を行っています。

  • 農業試験場
  • 果樹試験場
  • 野菜花き試験場
  • 畜産試験場
  • 南信農業試験場
  • 水産試験場
  • 病害虫図鑑
  • 研究課題の募集
  • 視察研修の受け入れについて
  • 研究成果
  • スマート農業
Copyright © Nagano Prefecture. All rights reserved.