農作物病害虫データベース

灰星病(果樹/アンズ)

灰星病

花器や結果枝が枯死して結果量が不足する被害と、果実が腐敗する被害がある。前者は花腐れと呼ばれ、アンズではモモなど他の核果類に比較してこの被害が著しく大きい特徴がある。また、収穫期が梅雨期にあたるため果実腐敗の発生も多く、樹上のほか出荷中や店頭でも発病して消費者の不評をかう原因になる。アンズ生産上最も重要な病害である。

病徴と診断

花、果実、枝、葉に発病する。花腐れは花弁が淡褐色に腐敗し、花器全体が枯死して枝にこびりついたまま長期間樹上に残る。病原菌は結果枝に達して枝枯れを引き起こし、多発すると冬枯れの様相を呈する。花腐れの被害部には灰褐色で粉状の分生子のかたまりを多量に生じ、飴色の樹脂を漏出することが多い。
熟果でははじめ小さな褐色の病斑が生じ、その後急速に拡大して腐敗する。腐敗部には灰褐色の分生子が盛り上がるように形成される。一方、未熟果に感染すると赤褐色~茶褐色のやや隆起した小斑点が生じる。この小斑点は腐敗することはない。

発病条件

枝病斑や罹病果の付いていた果柄に形成される分生子、また、被害落果上の子のう盤に形成される子のう胞子が第1次伝染源となるが、前者によるものが多い。また、他の核果類やサクラの枝枯れを起こす菌も伝染源となる。
花腐れは病原菌が花弁から侵入して引き起こされる。したがって、感染時期は花弁が見え始めるころから満開期ころまでである。この時期に雨が多いと発生が多くなる。花腐れ部位には多量の分生子を形成し、果実への伝染源となる。果実では収穫期に近づいた熟果ほど罹りやすく、未熟果はほとんど発病しない。成熟期の多雨で感染が多くなり、多発する。また、果実が裂果すると、裂けた部分から病原菌が侵入して発病しやすくなる。
花腐れ、熟果腐敗ともに潜伏期間はきわめて短く、感染後3~ 4日で病斑を生じ、この上に分生子を形成して次々に2次伝染するので、短期間に爆発的な発生をみる。

防除方法

花腐れ防除のため、開花直前に殺菌剤を散布する。雨が多く、開花期間が長引くようであれば満開期ころに追加散布する。花腐れで生じた枯れ枝は、果実への有力な伝染源になるので早めに除去する。
果実腐敗の防除には収穫3週間前ころから2~ 3回、殺菌剤を散布する。散布にあたっては異なる作用機作グループの薬剤をロ―テーション使用し、耐性菌の発達を防止する。
樹上の腐敗果や罹病落果は努めて除去する。また、収穫期に発病が多い場合は、収穫後にも腐敗するものが多いとみて、発生園の収穫果の取り扱いは別にする。

農業関係試験場について

長野県農業関係試験場は、県内6つの試験場を中心に農業・水産業の課題解決のための試験研究を行っています。

  • 農業試験場
  • 果樹試験場
  • 野菜花き試験場
  • 畜産試験場
  • 南信農業試験場
  • 水産試験場
  • 病害虫図鑑
  • 研究課題の募集
  • 視察研修の受け入れについて
  • 研究成果
  • スマート農業
Copyright © Nagano Prefecture. All rights reserved.