農作物病害虫データベース

シロテンクロマイコガ(クルミミガ)(果樹/クルミ)

シロテンクロマイコガ(クルミミガ)

昭和25年頃、原因不明の早期落果が多くなり、初めて本種による被害が明らかになった。クルミは6月中旬~ 7月上旬にかけて早期落果するが、これにはシロテンクロマイコガによる被害果の外に生理落果が含まれている。また、 8月中、下旬にもシロテンクロマイコガによる被害を受けるが、この時期には落果が少なく、殻皮表面が汚れたりシイナになる被害となる。長野県は全国一のクルミ栽培県であるが、本種による被害は栽培種のテウチグルミとシナノグルミで見られ、野生種のオニグルミやヒメグルミでは見られない。

被害と診断

幼虫が6月頃に果実に食入し、外果皮(青皮)の内側や果仁を食害する。寄生を受けた果実は早期落果するが、外観には特別な徴候が見られないので、この頃発生する生理的な落果と区別しにくい。寄生を受けても落果しない果実は7月中下旬頃、外果皮の表面に不規則な黒斑が見られるようになり、やがて虫の脱出穴ができる。この果実は肥大が妨げられ、仁も未熟となってシイナ果になる。
第2世代幼虫によって8月中下旬頃の老熟果が寄生を受けると、殻皮が硬くなっているので仁に食入できず、外果皮と殻皮の間が食害される。殻皮の表面は部分的に黒くなり、仁が成熟しない場合も多い。この時期に殻皮が黒くなるものには病害(炭そ病等)による場合もあるが、この場合は外果皮が全面的に黒くなるので区別できる。
成虫は翅が細く、翅の開長は12mm前後、前翅は黒褐色で3個の白い斑紋があり、後翅は周辺が黒褐色で内側は灰褐色である。幼虫は黄白色であるが、老熟すると黄色味が増し背面が桃色となり、体長は7 mm程度になる。

発生生態

年2回発生である。土中で土砂を糸で綴って粗末なまゆを作り老熟幼虫で越冬する。越冬した幼虫はまゆの中で4月下旬から5月下旬に蛹になる。第1回成虫(越冬世代)は5月中旬頃から6月上旬に出現し、最盛期は5月下旬である。成虫は昼間に活発に飛び、とくに午後2時から4時に活発である。成虫の寿命は5~ 7日で果実の果柄の基部や、果頂に尾端を挿入し数卵を産む。ふ化した幼虫は果皮下に侵入し、外果皮と殻の間を主に食害するが、仁にも食入する。幼虫は6齢で老熟となり、果実から脱出して土中に入り粗まゆを作って中で蛹になる。第2回成虫は6月下旬~ 8月中旬に出現する。産卵は果柄の基部にほとんどされ、果頂部には少ない。幼虫は果実の殻皮が硬化しているので、仁の部分には入れず、主に外果皮の果肉を食害する。老熟した幼虫は9月に入り外果皮が裂開した時この隙間から脱出し、土中に入って蛹になり越冬する。

防除方法

早期落果した被害果は集めて焼却するか、土中に深く埋める。発生が多い園では6月に薬剤散布を行う。

農業関係試験場について

長野県農業関係試験場は、県内6つの試験場を中心に農業・水産業の課題解決のための試験研究を行っています。

  • 農業試験場
  • 果樹試験場
  • 野菜花き試験場
  • 畜産試験場
  • 南信農業試験場
  • 水産試験場
  • 病害虫図鑑
  • 研究課題の募集
  • 視察研修の受け入れについて
  • 研究成果
  • スマート農業
Copyright © Nagano Prefecture. All rights reserved.