農作物病害虫データベース

白斑病(野菜/ハクサイ)

白斑病

病徴と診断

初め葉に灰褐色の小斑点が現れ、拡大すると円形~不正形の灰白色~白色病斑となる。ひどくなると火であぶったように枯れ上がり、結球葉まで侵される。

発病条件

病原菌は不完全菌類に属し、分生胞子を形成する。この分生胞子によって空気伝染する。菌糸の形で病葉に着生して越冬する。晩秋~初冬に雨の多い年に多発し、酸性土壌、連作、早まき、肥料切れなどで発生が助長される。

防除方法

1.連作を避け、適期には種する。また酸性土壌を矯正するとともに肥料切れにならないように十分な施肥を行う。
2.薬剤防除は葉裏まで薬液が十分かかるように散布する。

農業関係試験場について

長野県農業関係試験場は、県内6つの試験場を中心に農業・水産業の課題解決のための試験研究を行っています。

  • 農業試験場
  • 果樹試験場
  • 野菜花き試験場
  • 畜産試験場
  • 南信農業試験場
  • 水産試験場
  • 病害虫図鑑
  • 研究課題の募集
  • 視察研修の受け入れについて
  • 研究成果
  • スマート農業
Copyright © Nagano Prefecture. All rights reserved.