農作物病害虫データベース

軟腐病(野菜/ハクサイ)

軟腐病

病徴と診断

地ぎわの葉や葉柄に初め水浸状病斑が現れ、外側が淡褐色、内側は変色せずに軟化腐敗して、悪臭を放つ。病勢が進むと被害部の組織はドロドロになって形をとどめない。結球する前に侵されると株全体が腐り、欠株になることが多い。害虫の食痕や傷から侵入しやすく、この場合には発生部位が一定でない。また輸送中に腐敗することもある。

発病条件

細菌による病害で、多くの野菜や花などに病原性をもつ。本菌は被害株とともに土中に入り、多くは寄主植物の根圏土壌中に生存し、被害植物上で越冬することはほとんどない。そして降雨時に土粒といっしょにはねあがり、作物内に侵入していく。また本菌は地表を流れる水によって拡散するほか、ハエなどによって伝播されることもある。発育適温は32~33℃ であり、秋季に温暖な年には多発する。そのほか窒素質肥料の多用、土壌が湿潤な場合や作物が風雨などで傷をうけた場合に発病が助長される。

防除方法

1.イネ科、マメ科作物などと輪作を行う。
2.排水や風通しを良くして、被害株を早目に処分する。またできるだけ株に傷をつけないようにする。肥料はひかえめにする。
3.降雨前後の薬剤散布は防除効果が高い。特に台風通過後には念入りに薬剤散布を行う。また害虫防除も行い、食害を受けないようにする。

農業関係試験場について

長野県農業関係試験場は、県内6つの試験場を中心に農業・水産業の課題解決のための試験研究を行っています。

  • 農業試験場
  • 果樹試験場
  • 野菜花き試験場
  • 畜産試験場
  • 南信農業試験場
  • 水産試験場
  • 病害虫図鑑
  • 研究課題の募集
  • 視察研修の受け入れについて
  • 研究成果
  • スマート農業
Copyright © Nagano Prefecture. All rights reserved.