農作物病害虫データベース

黒腐病(野菜/キャベツ)

黒腐病

本病は気象条件などにより局地的に多発して被害が大きくなることがある。

病徴と診断

下葉から発生し、葉緑部の葉脈を中心にV字形に広がった黄色病斑が現れる。病斑は次第に拡大し、葉脈は褐色~紫黒色に変わる。葉身部に傷ができると、そこを中心に丸味のある同じような病斑を生じる。ひどくなると茎の導管部まで黒変することがある。また幼苗が感染すると子葉部のへこんだ部位から黒色に変わり、子葉が枯死する。

発病条件

細菌による病害であり、各種アブラナ科野菜を侵す。種子に付着して伝染する場合と被害残渣といっしょに土中に残存して土壌伝染する場合がある。いずれの場合も葉の水孔や傷口から侵入し、組織中にまん延する。
発生は春と秋に多く、この時期に比較的気温が低く、降雨が多い年に発生しやすい。また台風で傷ができた場合や害虫の食害によって多発することがある。一般に晩生系品種が強く、外国の品種より在来種が強い傾向がみられる。

防除方法

種子消毒を行い、薬剤散布を早めに行って予防に努めるとともに害虫防除も同時に行い、食害による傷をつけられないようにする。特に台風通過後には薬剤散布によって傷口を早く保護してやるのがポイントとなる。

農業関係試験場について

長野県農業関係試験場は、県内6つの試験場を中心に農業・水産業の課題解決のための試験研究を行っています。

  • 農業試験場
  • 果樹試験場
  • 野菜花き試験場
  • 畜産試験場
  • 南信農業試験場
  • 水産試験場
  • 病害虫図鑑
  • 研究課題の募集
  • 視察研修の受け入れについて
  • 研究成果
  • スマート農業
Copyright © Nagano Prefecture. All rights reserved.