農作物病害虫データベース

萎黄病(野菜/キャベツ)

萎黄病

土壌伝染性の病害であり、アブラナ科野菜が感染する。キャベツでは抵抗性品種の普及により、現在ではほとんど実害はない。ただし、グリーンボールでは抵抗性を持たない品種もあるので注意する。

病徴と診断

高温時の作型で発生する。幼苗が発病すると子葉が黄色になって立枯れ症状を呈する。本畑で発生すると初め株の片側が下葉から黄変する。被害葉は主脈を中心に片側が黄変し、発病した側の葉身の生育が止まるため、主脈は黄変した側へ曲がり、葉はねじれたり、奇形になったりする。ひどくなると黄変が進み、葉が次第に脱落して、新葉だけが残る。発病株の茎または葉柄を切断すると黄変した側の導管が黄色~暗褐色に変色している。

発病条件

病原菌は不完全菌の一種で土壌伝染する。土壌中では厚膜胞子の形で残存し、キャベツが植えられると発芽して菌糸を伸ばし、根の先端部や傷口から侵入して導管内で増殖し、水分の上昇を妨げたり、毒素を産生して発病させる。発病には地温の影響が大きく、26~ 30℃ が発病適温である。

防除方法

1.連作はできるだけ避ける。
2.抵抗性品種を利用する。

農業関係試験場について

長野県農業関係試験場は、県内6つの試験場を中心に農業・水産業の課題解決のための試験研究を行っています。

  • 農業試験場
  • 果樹試験場
  • 野菜花き試験場
  • 畜産試験場
  • 南信農業試験場
  • 水産試験場
  • 病害虫図鑑
  • 研究課題の募集
  • 視察研修の受け入れについて
  • 研究成果
  • スマート農業
Copyright © Nagano Prefecture. All rights reserved.