農作物病害虫データベース

斑点細菌病(野菜/レタス)

斑点細菌病

細菌による病害であり県内全域でみられる。

病徴と診断

結球してから発生が多くなり、初め葉緑付近から発生することが多く、淡黒褐色不正形の油浸状病斑が現れ、病斑部と健全部との境がはっきりしている。拡大するとV字型に枯れ込む。曇天あるいは降雨が続くと病徴の進展が速く、ひどくなると株全体が乾枯することもある。一般に結球葉まで発生することはまれであり、また腐敗性の病害ではないことから収穫物が直接的な被害を受けることは少ないが、多発すると生育が悪くなり、小球になる。

発病条件

病原細菌の発育適温は26~ 28℃ である。土壌中で越冬し、土壌伝染および空気伝染する。比較的気温の低い多湿条件下で発病しやすいため、早春や晩秋に発生が多くなり、夏の高温時は少ない。また寒地などでは霧が発生すると発病が助長される。

防除方法

1.連作はできるだけ避け、他の品目と輪作を行う。
2.土壌条件が多湿にならないように管理し、排水の良くないところでは高うね栽培にする。またポリマルチで被覆してレタスを土壌に接触させないようにすると効果的である。
3.低温時に多湿条件が続くようなときには早目に防除する。

農業関係試験場について

長野県農業関係試験場は、県内6つの試験場を中心に農業・水産業の課題解決のための試験研究を行っています。

  • 農業試験場
  • 果樹試験場
  • 野菜花き試験場
  • 畜産試験場
  • 南信農業試験場
  • 水産試験場
  • 病害虫図鑑
  • 研究課題の募集
  • 視察研修の受け入れについて
  • 研究成果
  • スマート農業
Copyright © Nagano Prefecture. All rights reserved.