農作物病害虫データベース

べと病(野菜/レタス)

べと病

近年、発生が増加している病害である。

病徴と診断

外葉に発生が多く、初め淡黄色の葉脈に囲まれた角形病斑が現れる。のちに病斑は褐色に変わり、葉縁が次第に黄変して枯れる。ひどい場合は結球部外葉にも発生する。多湿条件下では裏面に白いかびがみられることがある。また育苗中の幼苗が侵されることがある。

発病条件

病原菌はべん毛菌類に属し、分生胞子と卵胞子を形成する。かなり低温を好み8~ 15℃ で分生胞子の形成が最適となり発病しやすくなる。被害葉について卵胞子の形で越冬し、翌年分生胞子によって空気伝染し、まん延していくものと考えられる。またレタス、サラダナにだけ病原性があり、他の野菜のべと病と病徴は似ているが、病原菌は異なる。低温で多湿なときに発生が多くなる。

防除方法

1.育苗中は換気を良くして、かん水などによって加湿にならないように注意する。

農業関係試験場について

長野県農業関係試験場は、県内6つの試験場を中心に農業・水産業の課題解決のための試験研究を行っています。

  • 農業試験場
  • 果樹試験場
  • 野菜花き試験場
  • 畜産試験場
  • 南信農業試験場
  • 水産試験場
  • 病害虫図鑑
  • 研究課題の募集
  • 視察研修の受け入れについて
  • 研究成果
  • スマート農業
Copyright © Nagano Prefecture. All rights reserved.