農作物病害虫データベース

灰色かび病(野菜/レタス)

灰色かび病

病原菌は非常に多犯性であり、他の作物と同様に広範囲で発生がみられる。

病徴と診断

苗の時期に感染すると地ぎわ部が侵されて立枯れになる。定植後に発病した場合は地ぎわの葉や茎に水浸状の病斑が現れ、次第に拡大して内部が腐敗していく。茎の基部が侵されると株全体が萎ちょうし、枯死する。この場合、菌核病と類似するが、多湿条件で病斑の進展が速くなり、病斑の表面に灰色のかびを生じる。ここに無数の分生胞子が形成される。

発病条件

病原菌は不完全菌に属し、分生胞子のみを生ずる。発育適温は23℃ で比較的低温を好む。病原菌は被害残渣上の菌糸や分生胞子の形で越年し、翌年の伝染源となる。伝染は分生胞子による空気伝染と隣接株に菌糸によって接触伝染する場合があり、多くの植物を腐生的に侵す。健全な葉を侵すほど病原性は強くなく、傷口や弱った組織から侵入する。しかし一度侵入すると健全な組織までも次々に侵し、病徴が進んでいく。本病はやや低温で多湿であるときに多発しやすい。

防除方法

1.被害葉や枯れ葉を除去すると発病が少なくなる。またマルチ被覆し、土壌とレタスが直接接触するのを避けるとよい。

農業関係試験場について

長野県農業関係試験場は、県内6つの試験場を中心に農業・水産業の課題解決のための試験研究を行っています。

  • 農業試験場
  • 果樹試験場
  • 野菜花き試験場
  • 畜産試験場
  • 南信農業試験場
  • 水産試験場
  • 病害虫図鑑
  • 研究課題の募集
  • 視察研修の受け入れについて
  • 研究成果
  • スマート農業
Copyright © Nagano Prefecture. All rights reserved.