農作物病害虫データベース

萎凋病(野菜/パセリ)

萎凋病

病徴と診断

初め下葉から黄化が徐々に始まり、黄化葉を除去しても上葉が黄化しはじめる。こうなると株の生育は停止し、重症の場合には枯死する。株を抜き取って2つに裂いてみると、主根から地際茎にかけて導管部分に明らかな褐変が認められる。黄化は最外葉から始まり、急に萎ちょう枯死することはなく、慢性的症状を示す。

発病条件

病原菌はフザリウム菌で、大型・小型分生胞子を形成する。生育最適温度は25~ 30℃ 、発育温度は10~ 35℃ である。
パセリ以外のセリ科植物(セルリー、ミツバ、セリ、ニンジン)には病原性が認められず、寄主範囲は狭いと考えられる。病原菌は土壌、植物残渣の中で何らかの耐久体(おそらく厚膜胞子)の形で越冬し、宿主の作付けとともに感染すると考えられ、連作により菌密度が徐々に高まって発病する。
また、発病は高温期に入って地温が上がってくると顕著になる。

防除方法

1.連作しないで、輪作する。
2.床土消毒や本ぽの土壌消毒を行う。
3.発病ほ場での採種は避ける。
4.発病株は抜き取り、焼却処分にする。

農業関係試験場について

長野県農業関係試験場は、県内6つの試験場を中心に農業・水産業の課題解決のための試験研究を行っています。

  • 農業試験場
  • 果樹試験場
  • 野菜花き試験場
  • 畜産試験場
  • 南信農業試験場
  • 水産試験場
  • 病害虫図鑑
  • 研究課題の募集
  • 視察研修の受け入れについて
  • 研究成果
  • スマート農業
Copyright © Nagano Prefecture. All rights reserved.