農作物病害虫データベース

立枯病(野菜/パセリ)

立枯病

現地では、以前は「ポックリ症」と呼称されていた。
現地でもまれに発生している。

病徴と診断

収穫期に入り生育不良株がほ場全面に所々で認められる。そのような株は、下葉の1~ 2枚が黄化していることが多い。そのような株を引き抜いてみると、地際茎から主根基部にかけて表面が褐変しており、そこから下の根の部分は白く健全であるのが特徴である。
症状が進むと褐変部がくびれ、地際部分が容易に折れやすくなる。ひどいものでは繊維質だけが残ってやっと生きているという状態になる。

発病条件

7月~8月の高温期に主に発生する。多雨が続いたり、その後千ばつになったりして植物体にストレスがかかると多発しやすい。本病罹病株は軟腐病を併発しやすく、枯死に至る場合も多い。また、腋芽かきや強風により地際からポックリと折れてしまうこともある。
病原菌の菌そうは白~茶褐色を呈し、緑色の分生胞子子座を形成する。10~ 35℃ で生育し、最適生育温度は30℃ である。セルリーに弱い病原性を有するが、 ミツバ、ニンジンには病原性を認めない。培地上では小型・大型分生子の他に厚膜胞子も容易に形成する。
元々病原性はあまり強くなく、高温・多湿の条件下で強い病原性を発揮するが、通常の状態では地際茎の表面を褐変させる程度の病原性を有するものと考えられる。

防除方法

1.多肥栽培等により、植物体が軟弱徒長していると発病しやすいので、適正管理に努める。
2.その他は萎凋病に準じる。

農業関係試験場について

長野県農業関係試験場は、県内6つの試験場を中心に農業・水産業の課題解決のための試験研究を行っています。

  • 農業試験場
  • 果樹試験場
  • 野菜花き試験場
  • 畜産試験場
  • 南信農業試験場
  • 水産試験場
  • 病害虫図鑑
  • 研究課題の募集
  • 視察研修の受け入れについて
  • 研究成果
  • スマート農業
Copyright © Nagano Prefecture. All rights reserved.