農作物病害虫データベース

茎枯病(野菜/アスパラガス)

茎枯病

露地アスパラガスの栽培では、最も被害が大きい病害である。

病徴と診断

茎に紡錘形の水浸状病斑を生じ、拡大して淡褐色の病斑となる。病斑上には黒色の小粒点が無数にみられる。本病には大型病斑と斑点病に類似した小型病斑がある。ひどくなると茎が枯れて乾燥枯死したり、茎立数が少なくなる。次第に株全体が弱り、欠株となる。

発病条件

病原菌は不完全菌類の一種で、病斑上に黒色小粒点(柄子殻)を形成し、中に柄胞子がつくられる。これらが放出され、まん延する。越冬は残茎上で柄子殻の形で行われ、伝染源となる。梅雨や秋の降雨の多い時に発生が多い。

防除方法

1.秋に黄化した茎葉を刈り取り、処分する。切り株が残らないように地表面下まで刈り取るか培土する。
2.倒状や過繁茂を避けるため120~ 150cm程度で刈りとる。
3.メデルシートマルチや敷わらをすると軽減できる。

防除マニュアル

防除マニュアルはこちらからご覧ください。

農業関係試験場について

長野県農業関係試験場は、県内6つの試験場を中心に農業・水産業の課題解決のための試験研究を行っています。

  • 農業試験場
  • 果樹試験場
  • 野菜花き試験場
  • 畜産試験場
  • 南信農業試験場
  • 水産試験場
  • 病害虫図鑑
  • 研究課題の募集
  • 視察研修の受け入れについて
  • 研究成果
Copyright © Nagano Prefecture. All rights reserved.