農作物病害虫データベース

紫紋羽病(野菜/アスパラガス)

紫紋羽病

発生すると株が衰弱、枯死するため被害が大きくなる場合もあるが、発生はあまり多くない。

病徴と診断

根茎が侵される。このため地上部にははっきりした病徴が現れないが、茎の伸長期には萎縮したり、茎に縦じわを生し、伸長が止まり、のちに枯死する。株全体としては病勢の進展はやや緩まんで数本の茎が枯死したのち、徐々に株が衰弱していく。ひどくなると株全体が枯死する。被害株の根茎には紫赤色の菌糸束が網目状に形成されたり、紫褐色皮革状に付着する。

発病条件

病原菌は担子菌類の一種でリンゴ、クワ、サツマイモ、ニンジンなど多くの植物を侵す。本菌は土壌中に残存して伝染源となる。未熟畑や果樹または桑園跡等で発生しやすく、アスパラガスの草勢が弱いときに発病が助長される。

防除方法

株が衰弱しないように管理する。定植前に石灰を施用したり、被害地では土壌消毒を行う。被害株は早めに抜きとり、処分して跡地を土壌消毒する。

農業関係試験場について

長野県農業関係試験場は、県内6つの試験場を中心に農業・水産業の課題解決のための試験研究を行っています。

  • 農業試験場
  • 果樹試験場
  • 野菜花き試験場
  • 畜産試験場
  • 南信農業試験場
  • 水産試験場
  • 病害虫図鑑
  • 研究課題の募集
  • 視察研修の受け入れについて
  • 研究成果
  • スマート農業
Copyright © Nagano Prefecture. All rights reserved.