農作物病害虫データベース

黒斑病(野菜/ネギ)

黒斑病

生育後期に一般的にみられる病害である。

病徴と診断

葉や花梗に発生し、初め淡褐色の紡錘形病斑を形成する。次第に拡大して病斑はややくばみ、中央部に暗紫色~黒褐色の同心輪紋が現れ、すす状のかびを生じる。病斑が広がると枯れ上がり、枯死して垂れさがる。

発病条件

病原菌は不完全菌類の一種であり、分生胞子を形成する。病斑上にみられるすす状のかびは菌糸と分生胞子である。被害残渣とともに菌糸や分生胞子の形で地表に存在して越年し、翌年の春に分生胞子が形成され、飛散してまん延する。胞子の発芽と形成は24~ 27℃ が適温である。降雨量の多いときに多発し、肥料切れなどで発病が助長される。

防除方法

1.堆肥を多めに施用して草勢を良くし、生育期の後半に肥料切れにならないようにする。遅効性肥料を利用すると効果的である。
2.被害葉をみつけたら早めに除去し、処分する。

農業関係試験場について

長野県農業関係試験場は、県内6つの試験場を中心に農業・水産業の課題解決のための試験研究を行っています。

  • 農業試験場
  • 果樹試験場
  • 野菜花き試験場
  • 畜産試験場
  • 南信農業試験場
  • 水産試験場
  • 病害虫図鑑
  • 研究課題の募集
  • 視察研修の受け入れについて
  • 研究成果
  • スマート農業
Copyright © Nagano Prefecture. All rights reserved.