農作物病害虫データベース

さび病(野菜/ネギ)

さび病

病斑が橙黄色で、発生すると商品性は著しく低下する。

病徴と診断

葉や花梗に楕円形~紡錘形の少し隆起した斑点が現れる。その中央部は橙黄色になり、のちに縦に破れて黄褐色粉状の夏胞子が飛散する。さらに病勢が進むと斑点に接して黒褐色の楕円形~紡錘形の斑点を生じる。その後、斑点の中央部が縦に破れて、紫褐色粉状の冬胞子が飛散する。ひどい場合には葉が黄白色になり、枯死する。

発病条件

病原菌は担子菌類に属し、夏胞子と冬胞子を形成する。ネギのほかにタマネギ、ニラ、ニンニクなどにも寄生し、被害植物上で夏胞子や冬胞子で越冬し、翌春に夏胞子を飛散させ、まん延する。夏季冷涼な地域では夏胞子の形で越夏する。夏胞子の発芽適温は9~ 18℃ である。春と秋に低温で降雨が多いと多発する。また肥料切れで発生が多くなる。

防除方法

1.肥料切れにならないように堆肥などを十分施用する。
2.多発したあとでは防除が困難となるので、発病初期のうちに防除する。

農業関係試験場について

長野県農業関係試験場は、県内6つの試験場を中心に農業・水産業の課題解決のための試験研究を行っています。

  • 農業試験場
  • 果樹試験場
  • 野菜花き試験場
  • 畜産試験場
  • 南信農業試験場
  • 水産試験場
  • 病害虫図鑑
  • 研究課題の募集
  • 視察研修の受け入れについて
  • 研究成果
  • スマート農業
Copyright © Nagano Prefecture. All rights reserved.