農作物病害虫データベース

じゃのめ病(野菜/イチゴ)

じゃのめ病

イチゴでは、もっとも普遍的に発生する病害であり、春から秋にかけて発生する。

病徴と診断

葉、葉柄、果梗、ランナー及び果実上の種子などを侵すが、彼害の大部分は葉である。葉に赤紫色の不鮮明な小斑点を生じ、拡大して数mm前後の円形ないし楕円形の病斑となる。また、病斑のまわりは紫褐色になり、中央は灰褐色を呈し、いわゆるじゃのめ状を呈する。輪紋病に比べると病斑は小形で、病斑上に小黒粒を形成しない点で異なる。

発病条件

病原菌は子のう菌類の一種である。病斑中にできた菌糸、子のう殻、柄子殻で越冬し、翌春分生胞子や子のう胞子を生じて第1次伝染源となる。本病は露地栽培の収穫期から採苗床、仮植床の時期に発生が多い。特に伸長した新しい葉に発生しやすい。空気伝染するが、雨滴や葉の接触によっても伝染する。

防除方法

1.発生を認めたら、直ちに薬剤散布し、防除遅れにならないようにする。
2.多湿条件下で発生が多いので、ほ場の排水をよくし、施設の換気をはかる。
3.被害茎葉は早めに摘除する。

農業関係試験場について

長野県農業関係試験場は、県内6つの試験場を中心に農業・水産業の課題解決のための試験研究を行っています。

  • 農業試験場
  • 果樹試験場
  • 野菜花き試験場
  • 畜産試験場
  • 南信農業試験場
  • 水産試験場
  • 病害虫図鑑
  • 研究課題の募集
  • 視察研修の受け入れについて
  • 研究成果
  • スマート農業
Copyright © Nagano Prefecture. All rights reserved.