農作物病害虫データベース

萎黄病(野菜/ダイコン)

萎黄病

ダイコンの代表的な土壌病害で、以前は被害も大きかったが、抵抗性品種の普及により現在では実害は少ない。

病徴と診断

最初、株の片側の葉が生きたままの状態で黄変する。 1枚の葉についてみると、中肋を境に片側だけが黄化し、反対側は正常のことがよくある。病勢が進むと黄化葉の数が増加し、次第に全葉に及び下葉から枯死する。これらの葉や中肋の導管は黒褐色に変色している。また根部も掘り取って切断してみると導管部が輪状に変色している。これは病原菌が根から侵入し、導管を侵して病気を起こすためで、本病診断の有力な決め手の一つである。

発病条件

病原菌は不完全菌類のフザリウムによるものであり、他のフザリウム病と同様、発病適温は高く、約28℃ である。したがって本病は初夏から初秋にかけての高温期に多発する。普通、本菌はダイコンだけを侵すが、高温条件下ではキャベツ、ハクサイ、カブ、カリフラワー等のアブラナ科野菜にも病原性を示す。伝染源は主に被害根に形成され、土中に残った厚膜胞子による。連作により菌密度が増し、被害が増大する。

防除方法

1.連作を避ける。他のアブラナ科野菜を栽培しても菌密度は減少しずらいので、アブラナ科野菜以外で輪作する。
2.抵抗性の強い品種を栽培する。
3.発病株は早期に抜き取り処分する。
4.土壌消毒する。

農業関係試験場について

長野県農業関係試験場は、県内6つの試験場を中心に農業・水産業の課題解決のための試験研究を行っています。

  • 農業試験場
  • 果樹試験場
  • 野菜花き試験場
  • 畜産試験場
  • 南信農業試験場
  • 水産試験場
  • 病害虫図鑑
  • 研究課題の募集
  • 視察研修の受け入れについて
  • 研究成果
  • スマート農業
Copyright © Nagano Prefecture. All rights reserved.