農作物病害虫データベース

斑点細菌病(野菜/ピーマン)

斑点細菌病

病徴と診断

葉、茎、果実に発生する。葉では小型の丸い病斑が多数できる。数個が癒合して不整形の大型病斑となることもある。病斑は周囲が濃褐色で中心部がうすい褐色であるが、やがて灰白色に退色する、病斑部からひきつれて葉がでこぼこにゆがむ。病斑部から破れることもある、若い葉に発生すると病斑がかたまって不整形の大型病斑となり、葉が奇形になる。
果実では果梗に発生するが、主に果実との付け根部分に発病が多い。病斑は葉と同じようであるが、かいよう状となる。

発病条件

病原細菌はトマト斑点細菌病の病原細菌と同種であるが、異なる系統が存在する。種子に付いていたり、被害植物の残渣や土壌中に残って越冬し、翌年の第一次伝染源となる。病原細菌は気孔や傷口から侵入し感染する。気温が20℃ ~25℃ で多湿条件下で発生が多く、特に降雨が多いと多発する。したがって施設栽培より露地栽培で発生しやすい。

防除方法

1.種子消毒済みの種子を用いる。
2.常発地では、発病前から予防散布する。
3.ほ場は排水を良好にする。

農業関係試験場について

長野県農業関係試験場は、県内6つの試験場を中心に農業・水産業の課題解決のための試験研究を行っています。

  • 農業試験場
  • 果樹試験場
  • 野菜花き試験場
  • 畜産試験場
  • 南信農業試験場
  • 水産試験場
  • 病害虫図鑑
  • 研究課題の募集
  • 視察研修の受け入れについて
  • 研究成果
  • スマート農業
Copyright © Nagano Prefecture. All rights reserved.