農作物病害虫データベース

菌核病(野菜/ピーマン)

菌核病

病徴と診断

主として茎が侵される。茎の地際部付近、分岐部では、はじめ水浸状になり、のち黄褐色~褐色に変色し、罹病部より上部が萎ちょう枯死する。葉や果実にも発生し、水浸状淡褐色になった後軟化腐敗する。多湿条件下では病斑部に白色綿毛状の菌糸を生じることが多い。また菌核病の特徴として病斑部に黒色で鼠糞状の菌核を生じる。特に枯れた茎では割ってみると中に菌核が形成されている。

発病条件

病原菌は多犯性の糸状菌で、植物体上にできた菌核が土壌中に埋没した状態で越冬する。翌年菌核から小さなキノコのような子のう盤を形成し、そこから子のう胞子を生じて伝染する。春や秋に発病が多い。

防除方法

1.有効な剤があるので薬剤散布する。
2.発病株は菌核をほ場に残さないため、抜き取る。

農業関係試験場について

長野県農業関係試験場は、県内6つの試験場を中心に農業・水産業の課題解決のための試験研究を行っています。

  • 農業試験場
  • 果樹試験場
  • 野菜花き試験場
  • 畜産試験場
  • 南信農業試験場
  • 水産試験場
  • 病害虫図鑑
  • 研究課題の募集
  • 視察研修の受け入れについて
  • 研究成果
  • スマート農業
Copyright © Nagano Prefecture. All rights reserved.