農作物病害虫データベース

モザイク病(野菜/ピーマン)

モザイク病

病徴と診断

ピーマンモザイク病の病原ウイルスは7種のウイルスがあるが感染が多いのがトウガラシマイルドモットルウイルス(PMMoV)とキュウリモザイクウイルス(CMV)である。症状は栽培環境、品種で一様でなく、混合感染している場合も多いので病徴からウイルスの種類を診断することは困難である。一般にCMVが感染すると、葉に凸凹や葉脈透化を伴った明瞭なモザイクを生じ、のち葉が縮れて株全体がわい化する。えそを生じて落葉する場合もある。果実は奇形や凸凹になる。TMVでは系統により症状が異なるが、一般に新葉が黄化したり、モザイク症状やえそ斑点を生じる。ふつうCMVは露地で発生が多くTMVは施設で発生が多い。

発病条件

CMVはアプラムシ類により非永続的に伝搬される。PMMoVは汚染種子、土壌で伝搬され、発病後は汁液で2次伝染する。

防除方法

1.PMMoVに対しては、抵抗性品種を採用する。
2.アブラムシ類を防除する。
3.発病株は抜き取り処分する。

農業関係試験場について

長野県農業関係試験場は、県内6つの試験場を中心に農業・水産業の課題解決のための試験研究を行っています。

  • 農業試験場
  • 果樹試験場
  • 野菜花き試験場
  • 畜産試験場
  • 南信農業試験場
  • 水産試験場
  • 病害虫図鑑
  • 研究課題の募集
  • 視察研修の受け入れについて
  • 研究成果
  • スマート農業
Copyright © Nagano Prefecture. All rights reserved.