農作物病害虫データベース

葉かび病(野菜/トマト)

葉かび病

病徴と診断

主として葉に発病し、初め葉の表面に輪かく不明瞭の淡黄色の小斑点が現れ、その裏面には灰黄色~緑褐色のビロード状のかびが発生する。やがて病斑は拡大して菌そうの色も灰褐色から灰紫色に変わり、葉の表と裏に同様のかびが生える。一般には下葉から発生し、次第に上葉に及ぶが、ひどくなると下葉からつぎつぎと枯れる。

発病条件

病原菌は糸状菌で不完全菌類に属し、分生胞子のみを生じ伝染する。病斑に生じるビロード状のものは分生胞子が多量に形成されたものであり、飛散した分生胞子は葉に達して発芽し、気孔から侵入して発病する。病原菌は20℃ ~25℃ で湿度95%以上の多湿条件下で発病しやすく、したがって早春、晩秋の通気不良な施設で発生しやすい。病原菌は施設資材の表面に付着して伝染源となったり、施設内に残された被害茎葉でも生存する。

防除方法

1.施設では過湿にならないように通気、換気につとめる。また過度の潅水はしない。
2.初期から薬剤散布する。葉かび病は葉裏に発病する場合が多いので、葉裏に十分散布する。またくん煙剤もよい。
3.草勢が衰えると発病しやすいので肥培管理に留意する。

農業関係試験場について

長野県農業関係試験場は、県内6つの試験場を中心に農業・水産業の課題解決のための試験研究を行っています。

  • 農業試験場
  • 果樹試験場
  • 野菜花き試験場
  • 畜産試験場
  • 南信農業試験場
  • 水産試験場
  • 病害虫図鑑
  • 研究課題の募集
  • 視察研修の受け入れについて
  • 研究成果
  • スマート農業
Copyright © Nagano Prefecture. All rights reserved.