農作物病害虫データベース

輪紋病(野菜/トマト)

輪紋病

病徴と診断

主に葉に病斑ができるが、茎、葉柄、果実なども侵される。
葉では、最初暗褐色でやや水浸状の小斑点ができ、次第に拡大して円形または不正円形の病斑となり、その中に同心輪紋を生ずる。また多湿状態のときには表面にビロード状のかびを生ずる。病斑は古くなると灰色~灰紫色に変わり、発生のひどいときには下葉から枯れる。茎、葉柄、果実、果梗には最初暗褐色水浸状の小斑点ができ、ややくぼんだ病斑となる。後には拡大して同心輪紋を生じ、特に茎に多発すると折れやすくなる。

発病条件

本病の病原菌は不完全菌類の糸状菌である。病原菌はトマト以外にもナス、 トウガラシ、ジャガイモを侵し、ナス褐斑病やトウガラシ白星病、バレイショ夏疫病を引き起こす。病原菌は菌糸や分生胞子の形で被害残澄とともに越冬して伝染源となる。気温28°C~ 30°Cの比較的高い気温で、やや乾燥状態で発生しやすい。特に抑制栽培や加エトマトで被害が多い。

防除方法

1.肥料切れすると発病しやすいので注意する。
2.特に梅雨後は薬剤散布して防除する。

農業関係試験場について

長野県農業関係試験場は、県内6つの試験場を中心に農業・水産業の課題解決のための試験研究を行っています。

  • 農業試験場
  • 果樹試験場
  • 野菜花き試験場
  • 畜産試験場
  • 南信農業試験場
  • 水産試験場
  • 病害虫図鑑
  • 研究課題の募集
  • 視察研修の受け入れについて
  • 研究成果
  • スマート農業
Copyright © Nagano Prefecture. All rights reserved.